リーディングスター

九州ソフタス
九州ソフタス
社会・システム

企業詳細イメーシ企業詳細

熊本・福岡を拠点に、システム運用・保守、設計・開発を中心としたさまざまなITサービスの提供を行っている「株式会社 九州ソフタス」。2001年の設立以来、「次世代のコンピューターサービスを創造し、それをサポートできる企業」を目指して活動してきました。同社の売上の8割以上を占めるのがシステム運用保守サービス。大手のシステムインテグレータ、通信会社とともに、サーバやネットワーク機器の保守運用を行っています。クライアントには行政や金融機関なども含まれ、信頼度の高さが伺えます。そうした実績に加え、情報システムの最先端技術と知識、豊富な経験を生かした独自のサービスで業績を伸ばしてきた同社。今後は、社員の技術力向上やノウハウの標準化を進めて他企業との差別化を図り、九州圏内での運用サービスを拡大していく意向です。
また、ソフトウェア開発業務では、同社が強みとするフロントデザインから製作までの一貫した提供力を生かし、特定の業界をターゲットにしたクラウドサービスを提供。在宅介護のIT化と情報共有をサポートする在宅医療介護連携システム「aHMS(アームス)」、霊園の契約者(檀家)情報を一元管理する「総合霊園管理システムCeSM(セスム)」など、社会課題や特定業種の事業課題を解決するオリジナルアプリケーションの提供にも注力しています。こうしたゼロからのシステム開発はもちろん、現在使用している既存システムの不満点の改善や機能追加などにも対応しています。
一方、社内では仕事と子育てとの両立を支援する職場環境づくりを推進。14年には、厚生労働省が「子育てサポート企業」として認定した企業に付与する「次世代認定マーク(愛称:くるみん)」を取得したほか、奨学金返済をサポートする「くま活サポート」にも参加しています。そうした活動が認められ、17年には「ブライト企業」の認定も受けました。男性の育休やテレワーク、副業といったライフスタイルに合わせた働き方を柔軟に取り入れ、今後も新時代のサービスを発信する企業として飛躍を続けます。

認定を受けるきっかけ
これまで着実なビジネスプランで成長を遂げてきた同社。今後のさらなる成長のために、本制度に申請しました。サブ・リーディング育成企業の認定を受け、まずは事業計画の見直しや人材育成を中心とするチャンレンジサポートを活用。続いて16年12月にはリーディング育成企業に認定されました。現在は、付加価値額10億円を達成に向けて、自社サービスの見直しや管理職の目標達成意欲改善に取り組んでいます。本制度に認定された14年から現在にかけて、売上は3.7億円→6.8億円、雇用数は77人→95人と、ともに大幅に上昇。さらに、幹部社員の数字に対する責任感と遂行力、目標管理能力も目に見えて変化が見られました。加えて、19年4月から新たな人事評価制度を立ち上げ、今後は社員全員の人材育成にも取り組んでいきます。
本制度への想い
東京、大阪、富山など、同社のグループ会社のある他地域と比較すると、熊本は「付加価値額10億円企業」がまだまだ少ない現状にあるといいます。県産業界の底上げの意味でも、「付加価値額10億円」という明確な指標を掲げる本制度は、価値あるものだと評価。その上で代表取締役の瀧澤盛夫さんは、「目標達成のためにいかに生産性を上げるか、資金をどう活用していくのかといったプロセスこそが大切」と話します。「地方自治体から企業へのさまざまな支援が行われている中、本制度のように、資金面や営業面に加え、組織強化などの幅広い支援が得られる制度は他にはない」とし、今後もさまざまな支援の活用を検討しています。
今後の事業方針
「私たちIT企業が未来社会を創造する」というスローガンの下、新しいビジネスへの挑戦を行ってきた同社。今後は、既存ビジネスを生かしながら、IoTやAIといった先端IT技術を取り入れたサービス分野にチャレンジしていく意向です。例えば、在宅医療介護連携システム「aHMS(アームス)」をベースにGPS機能を融合し、介護施設のほか、幼稚園や保育園の送迎バスにも対応できるサービスなど、既存サービスに新たな技術を搭載することで展開を図ります。また、働き方改革に伴い、中小企業でもテレワークを安心して取り入れられるシステム「セキュアテレワーク」の販売も開始。県内だけでなく、全国を視野に入れて販路拡大を狙います。さらに、熊本にいながら世界中のクライアントと仕事ができるITという業種の特性を生かし、初任給の底上げや賃金アップを図ることで、若い人材の県外流出にも一石を投じたいと考えています。
求める人材
代表取締役 瀧澤盛夫さん
求める人材
弊社は、顧客先に常駐している社員が多いため、独自の取り組みを実践しています。ライフスタイルに合わせて仕事のやり方を選べるエリア制度を導入しているほか、年2回の全社員集会や、ネットワーク上で個々の社員を賞賛する「MVPシステム」など、離れている社員同士でもコミュニケーションをとることができる仕組みを作り、同じ方向を目指せる環境を整えています。全国各地にグループ会社を持つ弊社では、希望により首都圏へ出向し経験を積むことも可能。実際に東京での経験を経て、熊本へ戻り活躍している社員もいます。また、女性はもちろん、男性も育休・時短・テレワークなどの働き方に柔軟に対応している上に、副業も可能です。年齢や役職に捉われないフラットな関係や柔軟な働き方が、新しい発想や事業に繋がると信じています。将来の夢をしっかりと持ち、実現に向けて行動を起こせる人は、弊社で共に新時代のサービスを作っていきましょう。
会社名/株式会社 九州ソフタス
住所/熊本市西区春日2-3-1 牧野ビル
TEL/096-312-4410
URL/https://kyushu-softas.co.jp/
資本金/1,000万円
社員数/93名
(2019年7月現在)