リーディングスター

阿蘇自然の恵み総本舗
阿蘇自然の恵み総本舗
フード&ライフ

企業詳細イメーシ企業詳細

長年、異業種の仕事に就いていた代表取締役の山口隆さんが、母親の糖尿病がきっかけで出合った農産物「菊芋(きくいも)」。その栄養価の高さと市場での希少価値に可能性を感じ、2011年に「株式会社 阿蘇自然の恵み総本舗」を創業しました。高い機能性を持つ菊芋を中心に、栽培から加工、製造・販売までを自社で手掛けています。現在は菊芋のほか、契約栽培のビーツや桑の葉などの高栄養価の作物を使った自然食品・健康食品の開発・製造、通信販売や代理店販売に加え、OEM供給も行っています。そうした取り組みが認められ、創業8年目にして農林水産省の六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定、並びに経済産業省の地域経済牽引事業の認定を受けています。
阿蘇の麓に畑と工場を持ち、肥沃な大地とミネラル豊富な地下水を活用した栄養価の高い農産物を栽培できる環境が同社の強み。さらに、安心・安全な商品を届けるため、同社の菊芋は農薬を使わず有機肥料のみで栽培しています。生産量は年間約140㌧。高品質の菊芋を生産するため、性質を熟知している代表と数名の社員で栽培から収穫までを行っています。
水溶性食物繊維の一種である「イヌリン」を多く含むなど高い機能性を持つにも関わらず、市場に菊芋製品が少ない理由は、加工の難しさにあります。形状がいびつで栄養豊富な菊芋は、菌が繁殖しやすく長期保存が利きません。同社では、収穫後に素早く乾燥加工を行い、独自の技術で菌の増殖を抑えています。現在も、より確実な加工技術を確立するために、社員一丸となって研究に取り組んでいます。また、衛生的な環境・設備・プロセスで加工を行うため、2018年12月にHACCP対応の工場を新設。栽培・加工・製造までを一貫して行うことで、高品質の菊芋原料・製品の安定供給が可能になりました。山口さんは、「企業は社会の公器。今後も地域との調和を図りながら、地域と共に発展していきたい」と話します。

認定を受けるきっかけ
各種展示会や勉強会に共に参加していた企業から本制度の紹介を受けた同社。さまざまな情報提供や支援が受けられる点に魅力を感じ、申請に至りました。「サブ・リーディング育成企業」に認定されたことで、県産業支援課と(公財)くまもと産業支援財団の各担当者によるサポート体制が整い、「親身かつタイムリーなサポートがとても心強い」(山口さん)と感じています。専門家による工場の衛生管理指導や展示会への出展支援も受けられたことに加え、新たな目標として、「食品安全マネジメントシステム『FSSC22000認証』取得」を設定。これまで成り行き任せになりがちだった目標や経営計画を明確化し確実に達成するため、「有言実行で自分自身と組織の力を引き出したい」(山口さん)との思いで、こうした目標を外部にも積極的に打ち出しています。
本制度への想い
本制度の認定を受けて1年足らずの同社ですが、既に多くのサポートや情報提供を受けており、「支援メニューが充実した魅力的な事業」(山口さん)と評価しています。今後さらに自社を成長させるためには、サポートチームとの経営情報の共有に加え、支援メニューの理解を深め積極的に活用することが重要と捉えています。同社の目指す「開かれた企業」の実践のために、本制度の支援を通してコンプライアンスを整え、社会的存在価値を高めること、さらに事業内容はもとより、現場・労働環境などをオープンにすることが必要と考えています。その上で、「事業認定を受けている他の企業にも見習うべき点が多くある。共に頑張っていきたい」(山口さん)と話します。
今後の事業方針
生協をはじめ大手流通業者や商社とも取引を行う同社ですが、創業わずか8年のため、知名度の低さや人材不足が課題です。「小粒ながら可能性が大きく、やりがいのある企業」である点を打ち出しつつ、本制度も活用しながらこうした課題を解決していきたいと考えています。
現在、国内の健康食品市場は約1兆5千億円規模。同社がターゲットとするのは、①糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の予防、②腸内環境の改善、美肌、ダイエットといった市場です。その中で、素材へのこだわりを強みとする「阿蘇自然の恵み総本舗」ブランドの浸透を図る方針です。また、日本での生活習慣病患者は約2千万人に対し、中国はその10倍以上。さらに、インド、東南アジアやイスラム圏を含めた膨大なマーケットも視野に入れ、日本の商社経由でシンガポールへの輸出を開始。香港からの引き合いもあり、海外にも広がりを見せています。同社が掲げる「地域と連携し人々の健康・美容に貢献できる、なくてはならない強い企業に」という理念の下、FSSC22000やハラル認証を取得し、メイド・イン・ジャパンの健康食品で国内外での市場獲得を目指します。
求める人材
代表取締役 山口 隆さん
求める人材
弊社の事業は先例が少ないため、異業種から学びながら、さまざまな分野に挑戦していきたいと考えています。販売先は、食品安全やコンプライアンスに厳しい大手企業。お客様の満足を得るために、一人一人は凡才でも全社一丸となって一流を目指していこうという組織風土を持っています。「人々の健康に貢献しよう」という会社の目的を共有できる素直な心とチャレンジ精神を持って努力できる人、感謝の心を忘れず人や社会の役に立ちたいという熱い思いを持った人たちと一緒に成長していきたいと考えています。何事にも挑戦することを尊重する社風で、社員にも「失敗しても(失敗ではなく)経験として捉え、前向きに考え行動するよう」指導しています。
会社名/株式会社 阿蘇自然の恵み総本舗
住所/熊本県菊池郡大津町杉水西上原1193-5
TEL/096-234-8655
URL/https://shizenmegumi.jp/
資本金/1,000万円
社員数/7名
(2019年9月17日現在)
※期間従業員35人(11月~4月)