リーディングスター

リーディング企業とは
リーディング企業とは

リーディング企業とは

熊本県では、将来の県経済をけん引していく中小企業を育成・創出するため、「リーディング企業創出事業」を推進しています。「リーディング企業」とは、1年間の事業活動により産み出す付加価値額(営業利益、人件費及び減価償却費の合計額)が10億円以上の企業のことです。 これまでに本制度を活用して付加価値額10億円超を達成したリーディング企業は6社。2019年9月現在、リーディング企業を目指す「リーディング育成企業」20社、それに準じる「サブ・リーディング育成企業」5社が本事業を活用しています。
リーディング育成及びサブ・リーディング育成企業の認定を受けた企業には、経営指導や現場改善活動などに関する専門家派遣事業や各種補助金の交付、県、産業支援機関、金融機関などから成るサポートチームの結成(リーディング育成企業のみ)を含む様々な支援が行われ、リーディング企業への成長を集中的に後押しします。
「リーディング企業創出事業」認定ロゴマーク
古くから「道しるべ」となってきた星と、熊本城、阿蘇山のモチーフを組み合わせています。 事業名称「リーディング企業創出事業」と、「熊本の経済をリードするスターである」という意味を掛け合わせており、「輝きながら地域経済を駆け抜ける企業」をイメージしています。 流れ星の軌道と熊本城・阿蘇山のシルエットが「熊本の"K"」を、熊本城と阿蘇山のシルエットが「リーディングの"L"」を表現しています。 「リーディング企業」「リーディング育成企業」「サブ・リーディング育成企業」の3カテゴリーそれぞれにロゴマークを設定。星の数とカラーリングが変動します。
リーディング企業
武者返しをイメージしたロゴ下部のしつらえは、リーディング企業が、熊本の産業を土台として支えることをイメージ。 古来より高貴な色とされる紫を基調とした特別なデザインです。
リーディング育成企業
視覚的な協調を示す赤系を採用、火の国熊本の情熱や熱意を連想させるデザインです。
サブリーディング育成企業
緑豊かな熊本から、活躍の場を広げて繁栄する企業群を連想させるデザインです。
ダウンロード