リーディングスター

九州オルガン針株式会社
九州オルガン針株式会社
フードライフ

企業詳細イメーシ企業詳細

縫製業界に欠かせないミシン針販売で世界シェア1 位を誇り、2020 年に100 周年を迎える長野県の「オルガン針株式会社」。その国内製造拠点として1970年に設立されたのが「九州オルガン針株式会社」です。扱う工業用ミシン針は2000種類にも上ります。ニッチな産業であるミシン針は、縫製業界の成熟に伴って激しい競争は落ち着き、安定した利益を得られる事業の一つです。同社では、成熟しきった市場でさらなる付加価値を生み出すため、独自で開発・製造・販売ができる精密部品部門を約10年前に立ち上げました。現在では医療用(注射、点滴等)の針、自動車用エンジンの安全装置で使われるピン、発掘用の測定器(針真弧)など、さまざまな分野の精密部品を製造・販売しています。長野県の他、ベトナムや中国にあるグループ内製造拠点として独自販売・開発機能があるのは九州(熊本)のみ。その強みを活かし、グループ内でも重要な役割を担っています。自社開発マシンによる独自製法で開発からメンテナンスまでを一貫して行えるようになった上、コスト削減に成功し生産性も向上。クライアントのオーダーに合わせたOEM製品の製造も実現するなど、安定した利益率を確保しています。「ミシン針という安定した市場であぐらをかかず、進み続けることが大事。「九州にしかできない事」を追求することが、私たちの存在理由になると考えています」と取締役・管理本部長の江藤怜さん。
「独自技術を持つ針造り企業である歴史を尊びながら、自ら市場と社会の要請を洞察して、誠実に対応する。この企業活動が、企業と社員、そしてお客様の成長・豊かさにつながり、良い循環を産み出していく、そういう企業でありたい。」との企業理念を持つ同グループ。「世の中に役に立つことは何か?」を常に考え、「みんなで幸せになる」ことを実現していくという責任を持ち続けて、まもなくグループ100年を迎えようとしています。「世界シェア1位」は、そうした100年にも及ぶ経験と信頼、そして技術力の結果と言えます。

認定を受けるきっかけ
ミシン針一筋に技術力を磨いてきた同社は、精密部品部門を立ち上げ、新たな付加価値を追求していく中で大きな壁に直面しました。それが、「自分たちはあまりにも外(他の業界や販促)のことを知らない」ということ。与えられた仕事をまじめにこなしながら培った、様々な顧客ニーズ・市場に対する対応力や、針づくり機械の開発・修繕の技術には自信があるものの、世間の技術や自社の強みを活かした製品開発力が殆どありませんでした。そのような中で、県からの案内で本制度を知り、リーディング育成企業の認定を受けることになります。本制度の様々な支援を受ける中で、生産機械の内製能力を生かし、顧客とダイレクトに製品設計や改善に取り組めることが自社の強みであるということを認識することができました。これを販路拡大・PRに活用したことで、それまで25件だった取引先は108件に。さまざまな業種の企業と繋がることで横の連携も図れ、中小企業としての自社の役割を自覚することができました。他にも補助金を利用し、先進設備「CNC旋盤」を導入するなど、設備面も向上。方向性が見えないまま進んでいた精密部品部門が、リーディング育成企業に認定されて支援を受けたことで業績も上向き、付加価値の向上に繋がりました。
本制度への想い
本制度は、「県から堂々と”えこひいき”してもらえる制度です(笑)。その中で使える制度や補助金は、全部使ってしまうぐらいの意気込みで認定を受けることが大事」と江藤さん。一方で、同社も最初の1年間はリーディング育成企業に認定されたことに満足して活動が滞ってしまい、積極的な活用を始めたのは2年目から。そこからは、販路拡大や設備投資という直接的なプラス効果に加え、他のリーディング育成企業とコミュニケーションを取ることで情報交換や協業という間接的な効果が生まれました。「県の支援任せにするのではなく、自分たちの会社の付加価値を上げられるのは自分たちだけ」との思いを持つことが重要。さらに、「こうした思いを持ち、活路を求めている地元企業にぜひお勧めしたい」と続けます。
今後の事業方針
現在、同社のミシン針と精密部品の売上比率は8:2。自社で付加価値の向上が図れる精密部品部門を成長させ、その比率を5:5にすることができれば、本制度の目標である「付加価値額10億円」が達成できる見通しです。まずは、世の中の人たちに役に立つ自社開発の製品を生み出し、「付加価値額10億円」を実現。その後、会社の規模を拡大させ、さらなる雇用を生み地域に貢献するという好循環を作り出すことを理想の将来像として描いています。
求める人材
取締役・管理本部長/江藤 怜さん
求める人材
弊社の自慢は、何より人間関係の良さです。親子や夫婦で在籍する社員が多いのも特徴で、家族に「楽しく働いている姿」を見せられているからこそだと考えています。やる気に満ちた会社なので、これまで培った技術・ノウハウを活かして新たなチャレンジをしたい方は大歓迎です。社員教育にも力を入れており、技術職から管理職まで資格取得や教育制度も充実しています。「やる気があれば何でもできる」という社長の考えにもある通り、やる気と前向きな気持ちがある人材を求めています。
九州オルガン針株式会社
住所/玉名郡玉東町稲佐288
TEL/0968-85-3131
資本金/1億3,500万円
社員数/131名
(2019年7月1日現在)