リーディングスター

株式会社オジックテクノロジーズ
株式会社オジックテクノロジーズ
セミコンダクタ

企業詳細イメーシ企業詳細

1947年の創業以来、めっきを中心とした表面処理やMEMS(微小電気機械システム)部品の研究・開発から量産まで行っている「株式会社オジックテクノロジーズ」。九州を代表する技術開発型企業として、日本のみならず世界から高く評価される技術力を持ち、自動車からバイオ・医療まで幅広い分野を手掛けています。また、試作から生産立ち上げまでを一貫して行える対応力や産学官連携による研究開発を行っているなどの特色を有しており、2016年にはリーディング企業に認定されました。
半導体関連では、次世代パワー半導体用セラミック部品や半導体製造装置部品等への表面処理を供給しています。加えて、「ケミカル技術を通して、人々のしあわせを創造します」という企業目標の下、これまで培った技術を応用しつつ、地元のベンチャー企業と連携し、熊本の伝統野菜・スイゼンジノリから新規多糖類「サクラン」を抽出する技術を確立。人工培養施設での量産にも着手しました。さらに、大手メーカーや地元大学と共同研究を行い、サクランを活用して化粧品分野へ参入するなど、さらなる事業展開を図っています。また、繊維メーカー等と連携し、抱水性の高いインナーウェアの製品化も実現しました。チャレンジ精神に満ちた同社が現在進めているのが、精密電鋳の技術を活用した医療機器向けの細胞捕捉マイクロフィルターの開発。このフィルターは、がんの検査機器に用いられ、血液からがん細胞だけをキャッチできるというもの。低コストで人体への負担が少ないとして研究が進められています。
人にも環境にも優しく、地域社会への貢献をモットーとする同社。地域の清掃活動への参加や合志工場への太陽光パネル設置による自家発電など、さまざまな取り組みを通じて、それを実践しています。

認定を受けるきっかけ
同社では、時代の変化を敏感に察知し、先を見据えた事業計画を立案してきました。基幹であるめっきだけにとどまらず、パワー半導体向け表面処理の開発や精密電鋳、サクラン事業など、常に新規事業へのチャレンジを続けています。リーディング育成企業への申請は2011年。「優先的に県のサポートを受けられる」「企業のイメージアップや社員のやる気アップにつながる」との理由から申請に踏み切りました。同社が3年ごとに立てていた中期事業計画を県やサポートチームと共有することで、目標が明確になり、その後のパワー半導体事業への注力に繋がりました。2016年に付加価値額10億円をクリアし、リーディング企業に認定。それをきっかけに、「地域未来牽引企業」認定、「ものづくり補助金」活用によるサクラン事業の実現と続きました。同社代表取締役社長の金森秀一さんは、「リーディング育成企業に認定されていた4年間で確固たるベースができたことが、現在の新規事業に繋がっています」と話します。
本制度への想い
「県へ情報開示を行い、しっかりと事業計画に沿った進捗のチェックを行うなど、サポートを活用できた企業は、付加価値額10億円を達成しリーディング企業になれると思います」と金森さん。その一方で、「現在、付加価値額10億円を達成した企業は6社と少ない。育成企業は『育成企業に認定=ゴール』ではないということをしっかりと認識し、県のサポートを受けながら、リーディング企業を目指してほしい」との苦言も。同社が本制度への申請をきっかけに得られたメリットが大きかっただけに、もったいなさを感じています。リーディング育成企業に認定された後に県からのサポートをどれだけ活用できるかや、リーディング企業としていかに他の県内中小企業をけん引するかといった面で「高い意識を持つ必要がある」と金森さんは力を込めます。
今後の事業方針
自社のビジョンを「九州の産業活性化の根となる」と位置づけ、創業以来、技術向上・研究・開発を続けてきた同社。リーディング企業認定後は、新たに「Best in the world―ニッチな分野でどこにも負けない世界一になろう」という目標を掲げ、常に前進を続けています。「新規事業が利益を生むのに10年はかかる。そのため、主要な事業が元気なうちに、新しい事業に取り組み始める“種まき”が大切」と金森さん。さらに、地元の企業として県とともに掲げる課題「人材の県外流出」を抑えるため、熊本にも大学で学んだことをさらに深めたり、生まれ育った故郷で活躍・自己実現できたりする職場を作り出す必要性を強調しています。
求める人材
代表取締役社長 金森秀一さん
求める人材
コミュニケーションを大切にし、相手の立場に立って考えられる人、目標を持って行動できる人を求めています。弊社で2010年から採用した「Seeekai(シーカイ)活動」は、社員が主体となり企業風土を向上させることを目的に、「あいさつ運動」「5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)」などのテーマ毎にグループに分かれて活動し、社内に積極的に発信しています。その成果として、職場環境の改善だけでなく、社員間のコミュニケーション向上が図られ、風通しの良い社風が生まれました。また、入社後も学び続けることができ、大学の修士・博士課程へ進学できる制度を導入している点も弊社の特長です。
株式会社オジックテクノロジーズ
住所/本社・上熊本工場 熊本県熊本市西区上熊本2-9-9 
   合志事業所・合志工場 熊本県合志市福原1-27セミコンテクノパーク
TEL/096-352-4450(本社・上熊本工場)
    096-292-6177(合志事業所・合志工場)
資本金/2,300万円
社員数/125名
(2019年8月1日現在)