リーディングスター

西田精麦株式会社
西田精麦株式会社
フードライフ

企業詳細イメーシ企業詳細

1929年の創業以来、大麦をはじめ、米やトウモロコシなど日本人にもなじみの深い穀物の加工一筋で歩んできた「西田精麦株式会社」。焼酎や味噌などの原料となる醸造用精麦事業のシェアは全国トップクラスです。また、飼料事業では物流コストを抑え、小ロットにも対応。さらに、A飼料(牛専用飼料)の安定的な供給でも、業界内で高い評価を得ています。同社が近年注力しているのが、麦ごはん用の麦や朝食シリアルとしてのグラノーラ等、麦製品の加工販売。精麦・飼料の需要規模が年々縮小していく中で、食品用加工製品の開発に活路を見出しました。その結果、これまで培った大麦加工技術を活かしつつ、国産素材を使うことで大手企業の既存のグラノーラと差別化を図った「九州大麦グラノーラ」が大ヒット。今後は、OEMやPB商品の開発に力を入れるとともに、県の補助金も活用して建設される新工場にて生産力向上を図ります。
さらに同社では、食品として安全で安定した原材料の調達、各工程の品質管理を徹底しているほか、生産管理から最終消費段階までを追跡できるトレーサビリティ管理を導入。さらに、原材料からの異物除去のほか、天候・環境によって左右される原材料の状態を均一化するため、熟練の技術や最新鋭の機器を駆使し、良い製品を安く作り上げるための創意工夫を続けています。 
また、新たに掲げた「穀物を磨き、未来を創る」という経営理念の実現に向け、社内改革にも取り組んでいます。中でもユニークなのが、フラットな組織づくりを目的とした役職制度の廃止。社長から若手社員まで、年齢やキャリアに関係なく意見が出し合えるようになり、社員に考える力や行動力が身に付いたといいます。工場新設や社内改革を経て、企業として変革の時を迎えている同社。今後も穀物を通じ、すべての食卓に笑顔を届ける使命を全うしていきます。

本制度への想い
市場拡大のための生産体制の構築、食品安全管理能力の強化に取り組み、2017年にはリーディング育成企業に認定された同社。焼酎や味噌など醸造用の製品に比べ、生産量が少ないグラノーラをはじめとしたさまざまな食用麦製品は、製造から包装までを人の手で行う現体制から、いかに生産量と効率を向上させるかが課題でした。本制度認定と並行して新設される工場では、中ロットの生産体制を構築することでこの課題の解決を目指しています。また、これまで工場内の各所に点在していた工程ごとの作業場を一カ所に集約することで労力も減り、安全面・衛生面での管理力もアップ。同社管理部の山田憲雄さんは、「弊社同様、リーディング育成企業に認定されている企業と切磋琢磨していくとともに、リーディング企業に認定されることを目標としていきます」と力強く語ります。
今後の事業方針
同社では今後、大麦の中でも食物繊維をはじめとした機能性と付加価値の高い品種の取り扱いを増やす予定です。2017年には、ミャンマーでのハトムギ加工の技術移転に乗り出しました。ミャンマー産のハトムギは一般的な品種よりふくよかで、脱穀する際に割れにくいという特徴があります。2018年にはJICA(国際協力機構)の中小企業海外展開支援事業に採択され、自社技術をミャンマーに提供し、現地で加工から梱包まで行い日本に出荷しています。この取組みはハトムギの付加価値向上に加え、ミャンマー農家の所得向上という国際貢献にも繋がっています。将来的にはミャンマーへの自社工場の建設も検討しています。
求める人材
管理部 山田憲雄さん
求める人材
弊社では現在、商品開発や販路拡大などの目標達成のため、大胆な社内改革を行っています。部署や年代もバラバラな社員が一つのグループとなって課題に取り組む社内勉強会や、若手社員がリーダーとなり、「より良い未来を創るため、失敗を恐れず挑戦します」「素直な心で万象に学び、自らを磨き高めます」といった、個々のマインドを育む「10の心得」を推進するための委員会活動など、独自の人材育成活動を通し、人と企業がともに成長できる環境を積極的に取り入れています。また、成長意欲の高い人には応援を惜しまない社風なので、自身のキャリア形成のために必要だと考える社外研修等を自主的に受講することも可能であり、柔軟な人材育成の仕組みを整備しています。挑戦することを恐れずに楽しめる人と一緒に、事業を作り上げていきたいと考えています。
西田精麦株式会社
住所/八代市新港町2-3-4
TEL/0965-37-1121
資本金/3,000万円
社員数/79名
(2019年7月31日現在)