リーディングスター

モアコンセプト
モアコンセプト
社会システム

企業詳細イメーシ企業詳細

「株式会社モアコンセプト」は、大手生産設備企業で技術者をしていた代表の田中慎二さんが、生産システムに関する知見を「地場の中小企業のためにもっと生かしたい」との思いから、1998年に設立した会社です。製造業の職種や用途によって、使用するソフトウエアが異なる各種CADシステムの販売・保守をはじめ、産業用ロボット制御システムの開発や事務作業の自動化・省力化を支援するRPAシステムの構築など、顧客の「ベストパートナー」を目指しながら事業拡大を続けています。
同社では、建設業向けの「公共事業用支援統合情報システム(建設CALS/EC)」や電子納品代行、土木業へのドローン撮影代行・販売なども手掛けています。同社の「建設CALS/EC」は、公共事業の受注や納品処理において高い評価を受け、県内大手建設会社の多くで採用されました。また、顧客に対して各種補助金の活用サポートも行っており、顧客の業務効率化や設備投資を間接的に支援しています。熊本県や熊本県警など、自治体のサーバー機器調達・環境構築も手掛けており、安全性と信頼性の高さも同社の強みの一つです。
他にも「T-POINT活用コンサル」「スマホ用アプリの開発・運用コンサル」など、小売業やサービス業向けの事業にも取り組んでいます。同社はこれからも、多種多様な業種・業態に対し、業務改善と効率化、事業推進につながる提案と支援を続け、地域発展に貢献していきます。

認定を受けるきっかけ
同社では、県産業支援課に事業活動や業績推移の分析を依頼。将来性の高さや堅実な経営をさらに強化することで企業として成長できると考え、2019年にサブ・リーディング育成企業に申請し、認定を受けました。「創立20年を超え、5年後、10年後にも必要とされる企業として存在意義を考える時期。認定申請は、会社の将来設計をする良い機会になりました」と田中さん。認定後は、雇用に関する助成金を受け新規雇用を行ったほか、「IT導入補助金」などの紹介も受け、現在申請中です。県主催のセミナーなどにも積極的に参加し、他企業との交流も図っています。
本制度への想い
同社は、熊本県の「ブライト企業」や「ISO27001(情報セキュリティ)」などの認証も取得しており、「サブ・リーディング育成企業」の認定も、それらと同様に自社の企業価値や信用を高めると考えています。商談の席でも、「サブ・リーディング育成企業」認定を受けたと話題にすることで、「信用度が格段に上がった」(田中さん)と実感。また、助成金の活用機会も増え、さまざまなことにチャレンジしやすい環境になりました。さらに、同社が行っている建設業や土木業向け助成金の案内にも、県からの情報提供が役立っているといいます。
今後の事業方針
本制度への申請の際に作成する「10年後の事業計画」。同社では、代表や経営層、幹部社員のみで作ると、計画だけが一人歩きすると考え、全社員に見せながら計画づくりを行いました。さらに社員を増やす予定の同社では、現場レベルまで事業計画を理解しておくことで将来への展望や意識が違ってくると考えています。今後は、支店・営業所を九州一円に置いて活動エリアを拡大させ、6~7年後をめどに売上高10億円、10年後には従業員数を現在の3倍にすることを目指します。
求める人材
代表取締役社長 田中 慎二さん
求める人材
弊社では、年齢に関係なく能力に応じて役職も与えていて、20代で役員に抜擢した社員もいます。やる気と能力がある社員には仕事の権限を大きくし、自分の頑張ったことがポジションや給料など、目に見える形で反映されるようにしています。そうすることで、仕事や会社成長に対するモチベーションが高まると考えているからです。「より多くのお客様に“ベストパートナー”と呼ばれる集団」をモットーに、社員には協調性や学ぶことへの前向きな姿勢、チャレンジ精神を持つことを求めています。まずは失敗を恐れずに、やってみることが大切! 来年度の新卒採用者も決まっており、デザイナーから営業、技術職まで、幅広い活躍の機会を用意しています。
会社名/株式会社モアコンセプト
住所/熊本市北区龍田陳内2-5-16
TEL/096-338-3332
資本金/1,000万円
社員数/13名
(2020年11月現在)