リーディングスター

前田技建工業
前田技建工業
セミコンダクタ

企業詳細イメーシ企業詳細

大阪や熊本で長年、建設業に携わってきた代表の前田富士人さん。独立し、1988年に設立したのが「前田技建工業」です。当初、大手ゼネコンの下で工場改築などを手掛け、そこで製造される半導体のことを学びながら、より良い施工法や建築技術を磨きました。現在、取引先にも近い合志市に営業所と作業所を構え、特定建設業者となって公共事業への入札にも参加。熊本地震で被災した工場や県営団地などの復旧工事、アスベスト除去、政府ODAによる海外インフラ工事への参入など、さまざまな場所で技術力を発揮しています。
同社では、半導体工場の工事などで得た経験から、厳しい清浄度基準のクリーンルームでも使用可能で繰り返し使える間仕切り「シンクウォール」を開発。多くの半導体関連企業の工事で実績を積み、最近では医療機関のPCR検査室やバイオ企業でも使われるなど、その用途が広がっています。さらに「経営革新計画」の承認を受け、店舗改装や住宅での利用など、新たな展開を目指しています。加えて同社の土木工事では、メトリー技術研究所(株)が開発した「D・BOX」を県内で初めて使用。同製品は環境に配慮しながら地盤補強や振動低減などができ、軟弱な造成地の地盤改良や政府ODA事業でも効果を上げています。
一度使うと廃棄処理されていた間仕切りを再利用可能にした「シンクウォール」や、自然環境への影響を最小限に止める地盤改良製品「D・BOX」、シンクウォールを使い安全に処理するアスベスト除去工事など、他社にない発想力と技術力を持つ同社。「人と共に、自然と共に」をコンセプトに、自然環境を守りながら人々の暮らしの安全・快適を追求する、建設業のプロフェッショナル集団として社会に広く貢献していきます。

認定を受けるきっかけ
同社代表の前田さんが、熊本日日新聞に県が掲載したリーディング育成企業等募集の広告を通じて本制度を知り、リーディング企業認定が社員の目標や誇りに繋がるのではと考えたのが申請のきっかけでした。また、令和2年7月豪雨災害(2020年)の際には、避難所などで新型コロナウイルス対策として同社商品(シンクウォール)を活用したいとの声が上がり、多くのニーズを感じたことも後押しとなり、同年8月にサブ・リーディング育成企業の認定を申請、同年9月に認定を受けました。今後は本制度の支援を受けながら、シンクウォールをはじめとする同社製品の認知度アップや若手への技術継承に注力します。
本制度への想い
同社では、リーディング企業の認定要件である「事業活動による年間の付加価値額10億円以上」に、人件費が含まれる点も、「雇用創出」という社会における企業の存在意義を考える上で重要な点と考えています。また、サブ・リーディング育成企業認定を受け、その先にあるリーディング企業認定までの目標期間を定めました。期間を設けることで、コロナ禍などの経営環境の変化が起こった時でも先を見据えた投資や人材採用に取り組めるようになるなど、長期的視野に立って経営を考える材料になったと感じています。将来的にリーディング企業を目指す同社は、半導体工場での工事で培った高い技術力を生かし、「環境に優しい建設会社」の実現に向けて邁進するとともに、主事業である建築業やアスベスト除去事業、「D・BOX」での地盤改良などの事業を推し進めていく考えです。
今後の事業方針
現在、建築工事などにもコロナ禍の影響が出ている一方、医療業界など、同社の技術を必要としているところも数多くあります。「若手社員の育成や技術継承などは、絶え間なく行わなければ、いざという時に事業が成り立たない」と考えている同社では、社員育成を最大の目標に掲げています。今後は、本制度を活用しながら先を見据えた事業推進やその先にある事業継承まで取り組んでいく意向です。さらに、半導体工場の集積地として、また世界に誇るIC拠点として熊本県が存続する基盤に、同社の建築技術が貢献することで社員が誇りを持てる企業になることを目指しています。
求める人材
代表取締役 前田 富士人さん
求める人材
仕事をする上で基本となるのは「信頼関係」。弊社では「誠実」をモットーとし、社員にも誠実さとやる気、元気を求めています。2020年度は、地元専門学校卒の外国籍の方が入社しましたが、彼は日本語を流暢に話すだけでなく誠実で建築知識も豊富なので、今後、会社の大きな力になってくれると期待しています。弊社が行う半導体工場などでの工事は、下請け業者に任せられない部分が多く、さまざまな技能を持つ「多能職」の社員の力が必要不可欠です。そのため、次世代を担う人材を早くから建築・土木の技術者に育成していく重要性を感じています。現在いる多能職社員も徐々に高齢化しているので、今後も地元の高校・大学などから新卒採用を続ける予定で、若手への技術継承にも積極的に取り組んでいきます。
会社名/株式会社前田技建工業
住所/熊本市南区御幸笛田2-6-101号
TEL/096-379-5275
URL/https://www.maeda-tec.site/
資本金/2,000万円
社員数/18名
(2021年1月現在)