リーディングスター

熊防メタル
熊防メタル
モビリティ

企業詳細イメーシ企業詳細

1933年に「前田めっき工業」として熊本市で創業し、のちに「熊本防錆工業株式会社」を設立。60年代後半、熊本に進出してきた三菱電機や東京エレクトロン九州といった大手企業の協力メーカーとなり、めっき加工、アルミ表面処理の技術を磨きながら熊本の産業界を牽引。2001年に、熊本防錆工業めっき事業部が分社独立し、「株式会社 熊防メタル」が設立されました。
日本のシリコンアイランド、カーアイランドと呼ばれる九州(熊本)では、高品質の製品が求められます。その中で、金属および非金属加工の開発を行うとともに、自社開発の表面処理技術とミクロン単位の高精度めっき技術で、さまざまな要望に対応してきました。現在、自動車部品や液晶パネル、航空・宇宙部品、ロボット・食品・医療、大型液晶部品など多岐にわたる分野で、同社の技術が活用されています。アルミ製品の耐蝕性を保ち、静電気を逃す性質を持つコスモコート(導電性アルマイト)や、軽量化を実現したイーマイトCL,SH,UH(高機能硬質アルマイト)など、現在9種類あるオリジナル表面処理は、企業側からの困りごとを解決するために技術開発を重ね、開発されたものです。総務部長を務める前田義則さんは、「産業界で使われる素材が多様化する中、従来の素材にはない特性や性能を新しく付加する表面処理加工の重要性は、今後ますます増してくる」と予想。現在も、耐熱性や抗菌性、浸水性の向上や紫外線対応といった課題を解決するために研究を重ねています。
他にも、超大物製品の対応を可能にする、国内最大級の表面処理ラインを装備。開発者と現場技術者が連携を取りながら、さらに高度な製品の実現に向けて日々挑戦を続けています。同社は、表面処理加工技術のパイオニアとして、今後も地域産業や社会に貢献することを目指しています。

認定を受けるきっかけ
これまでさまざまな補助金を活用し、事業拡大を進めてきた同社。「熊本県地域未来投資促進事業」に応募する過程で、県からの薦めを受け本制度に申請。2018年6月に、リーディング育成企業として認定を受けました。新技術開発を目的として、平成31年度リーディング企業成長助成補助金を申請・採択。「今後さまざまな支援メニューを活用していきたい」と支援に期待を寄せた上で、県からの情報提供にも大きなメリットを感じています。国・県などが発信している補助や支援のメニューは多種多様で、そこから自社に必要な情報を選別するには、かなりの労力が必要です。それが本制度の認定によって、県が「情報コーディネーター」役を担い、「産業関係をはじめとした弊社に必要な情報を選別・案内していただけるのが心強い」(前田さん)と話します。
本制度への想い
同社は、本制度を「単なる企業の売り上げ増加のためのものではなく、付加価値額10億円の目標に向け、多方面から支援するメニューが充実している。企業にとって非常に有益」と評価。中でも、必要に応じてさまざまなセミナーや補助金の紹介が行われることに大きな魅力を感じています。本年度、リーディング企業成長助成補助金の採択を受け、新技術の開発をはじめ、品質向上に取り組んでいる同社。付加価値額の更なる向上に期待を寄せています。今後、補助金の申請を予定している企業に対しては、「付加価値額向上に繋がる課題・内容の精査が重要」とアドバイスを送ります。
今後の事業方針
同社は今後、事業の基盤である表面処理加工の強化を図るとともに、メーカー営業で加工依頼を受けてから表面処理までを一貫して行う部署も新設し、B to Bの取引を強化します。
また、IoTやAI技術の導入を進める一方、人材育成にも注力する考えです。年4回の個人能力評価制度による「評価の見える化」、他部署と行うプロジェクト企画などを取り入れ、社員一人一人のスキルアップに繋げます。また、自分たちが作ったものがどう使われているかを認識し、「一人一人が技術者」という意識を高めるためのエンドユーザーへの訪問見学も実施。最新技術の導入と人材育成を両立させ、飛躍を目指します。
求める人材
総務部長 前田義則さん
求める人材
弊社では、熊本地震による社屋建て替えを機に、「社員みんなが笑顔で仕事ができる環境」づくりに取り組んできました。オフィスは会議室や仕切りを設けずワンフロアに。他部署のスタッフともすぐに意見交換できるよう、立ったままミーティング可能なスタンディングテーブルを設けたほか、その日の生産状況や社員個人を賞賛するメッセージが表示されるモニターを設置するなど、さまざまな「見える化」を強化しました。また、出産前後や子育て中でも働きやすいよう独自の取り組みも行っており、実際に多くの女性が活躍しています。将来設計をしっかり持ち、自ら考え知恵を出して行動できる人材を待っています。
会社名/株式会社 熊防メタル
住所/熊本市東区長嶺西1-4-15
   (熊本総合鉄工団地内)
TEL/096-382-1302
URL/https://www.kb-m.co.jp/
資本金/2,000万円
社員数/161名
(2019年9月現在)