リーディングスター

エスプリ
エスプリ
フードライフ

企業詳細イメーシ企業詳細

「株式会社エスプリ」の前身は、ローヤルゼリーで体調が回復した経験をきっかけとして先代社長が1972年に創業。「より多くの方の健康と幸福に奉仕すること」を使命に、九州を中心とした代理店網を築き販路を拡大しました。しかし、当時は原材料の品質にバラつきがあったため、自社による供給を決意します。試行錯誤を重ねて98年、自社生産の実現を機に「株式会社エスプリ」を設立しました。
品質や量の安定供給を求めてローヤルゼリーの産地を探すなかで、蜂の生育に最も適した自然環境を、タイ・パヤオ県に発見。日本の品質管理・採乳技術を現地に持ち込み、最高品質のローヤルゼリーを供給できる体制を確立しました。現地で採取した原乳の品質を維持したまま、国内のGMP(日本健康・栄養食品協会の認定)工場に運び、製造しています。現在、九州を中心として全国に展開する200以上の販売代理店を通じ、(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会認定のローヤルゼリー製品や無添加ハチミツなどを供給するネットワークを築いています。また創業以来、顧客満足度を高める目的で、著名な医師を招いての健康や予防医学に関する勉強会を開くなどの取り組みも続けており、製品のリピート率は90%を超えています。
超高齢社会を迎える中、日本人の健康意識はますます高まっており、今後もローヤルゼリー製品の顧客は増加が見込まれます。これに加え、今後は国外へも販路を広げるため、JETRO(日本貿易振興機構)の商品見本市への参加や台湾への駐在員配置などに乗り出しています。ローヤルゼリー製品を通して、「健康で豊かなしあわせ生活」を実現し、明るい平和な社会を“創る”ことが同社の願いです。

認定を受けるきっかけ
事業環境の変化に対応し企業としてチャレンジを続けるため、海外市場の開拓を模索していた中、2017年に本制度を知る機会があり、翌18年にサブ・リーディング育成企業の認定を受けました。認定企業に用意された各種支援を活用しながら他企業や研究機関などと連携し、海外への販路拡大に向けて新商品開発を推し進めたいと考えています。すでに、県が実施した「海外展開チャレンジ支援事業費補助金」を活用し、海外の商談会への出展を果たすなど、支援の効果を実感しており、今後の本制度に期待を寄せています。
本制度への想い
同社では、リーディング育成企業やサブ・リーディング育成企業に向けた各種セミナーで多岐にわたる情報が取得できるだけでなく、専門家の協力を得ての新商品開発や、リーディング企業の条件である「付加価値額10億円」達成に向けて社員のモチベーション向上が図られる点などで、本制度を高く評価。開発に割く資産・人員などのリソースが限られてしまう中小企業においては、各分野の専門家から支援を受けられる点が特に大きなメリットであると感じています。また、中小企業庁の「ものづくり・商業・サービス革新補助金」を活用した新商品の研究・開発が行えるのも、本制度の支援に寄るところが大きいと感じています。
今後の事業方針
設立以来、商品のクレームゼロを掲げ、勉強会を通した代理店や会員との密なコミュニケーションで信頼を得てきた同社。今後は国内だけでなく、発展著しい北東アジアや東南アジアを商圏と捉え、「多くの国と地域で健康と幸福に貢献することを目指しています」と、事業開発部・プロジェクトマネージャーの佐藤直人さん。本制度のさまざまなサポートを活用し、他のリーディング企業等から刺激を受けながら、企業の付加価値向上に努める考えです。
求める人材
事業開発部 プロジェクトマネージャー・佐藤直人さん
求める人材
弊社は最高品質のローヤルゼリー製品を、代理店を通して会員(顧客)に届けることで健康に貢献してきました。現在、熊本地震で被災した本社の移転を進めており、九州を中心とした代理店へのセールスや顧客への対応、商品の管理などは八代事業所で行っています。社員7名と少人数でアットホームな職場。30代以下の若い社員が多いため、意見も言いやすくフラットな社風です。そのため、夢を持って誠実に取り組む力がある人や自らの意思で積極的にチャレンジできる人、海外事業に興味がある人を求めています。
会社名/株式会社 エスプリ
住所/熊本市中央区帯山4-44-3
TEL/0965-35-8177
URL/https://royaljelly.jp/
資本金/5,000万円
社員数/7名
(2019年9月現在)