リーディングスター

株式会社リハビリテーションコムラッド
株式会社リハビリテーションコムラッド
フード&ライフ

企業詳細イメーシ企業詳細

「少子高齢化社会」の日本で、医療・介護・福祉サービスの重要性が高まる中、天草市を拠点にその課題に取り組んでいる「リハビリテーションコムラッド」。医療・介護と福祉分野で5つの事業を展開し、天草市に暮らす子どもから大人までが、予期せぬ障害に見舞われたとしても充実した社会保障サービスを受けられ、生涯幸せに暮らせるまちを目指しています。
同社は、理学療法士である代表・小川知己さんの専門性がサービスに反映され、各分野の専門職も多く在籍しています。食事や入浴なしの短時間「リハビリ特化型デイサービス」を、天草市内2カ所で展開(2020年10月時点)。中等度の要介護者を対象にした「訪問看護ステーション」や、まだまだ元気な方の健康維持を図る「介護予防事業」の分野でも利用者数が増加しています。また、福祉分野では発達障害などで支援が必要な子どもを対象に、スキルアップサポートや放課後デイサービス、保育園などへの訪問事業を行っています。
高齢化率(総人口における65歳以上の割合)が37.2%(2015年10月時点)と高率で、“未来の日本の姿”に例えられる天草市。同市出身の小川さんが、「医療・介護・福祉分野のサービスが必要なのに、地域全体に十分に行き渡っていない」と感じ起業したのが2012年のこと。過疎化による人材不足や財政難など、困難な状況でも「地域の社会保障サービスを充実させることが企業の価値向上につながり、地域住民と医療・介護・福祉業界の未来を明るくする」と信じてこれからも天草市に笑顔を増やしていきます。

認定を受けるきっかけ
天草市産業振興課からの紹介で2019年10月に本制度へ申請。事業拡大に伴い課題が浮かび上がった時期と重なり、サポートメニューに魅力を感じての申請で、同年12月に「サブ・リーディング育成企業」に認定されました。認定後は「中核的企業へのチャレンジ支援事業」を活用し、専門家による経営指導を受けたことで課題も改善。自社の未来に向けて取り組むことが明確になりました。県やくまもと産業支援財団の担当者、専門家と課題を一緒に考え、多角的なアドバイスを受けられる点が大きなメリットになっています。
本制度への想い
同社では、サブ・リーディング育成企業、リーディング育成企業の認定申請に向けての取り組みや、認定で受けられるメリットを“企業成長のエンジン”と捉えています。中小企業では、外部専門家に支援やアドバイスを求めることが、適任者の見極めや資金面で高いハードルになる場合があります。しかし、本制度では専門家派遣や助成金などが活用できるので、経営の弱点発見と改善、成長へのかじ取りが積極的に行えるため、中小企業にとって大きな力となっています。県からの後押しや助成金などの支援メニューも、事業拡大のチャンスと捉え、今後の成長の加速化に役立てたいと考えています。
今後の事業方針
医療・介護・福祉サービスは、人との関わり方が重要な要素です。専門性が高くなるほどスタッフの能力に頼りがちなサービスを、チームや会社全体で補えるよう取り組んでいる同社。その仕組みをもとに、質の高い医療・介護・福祉サービスを、いつでも、誰でも、どの地域でも受けられるよう、過疎地の天草市から熊本全体へ、そして九州や全国隅々まで広げることを目指しています。専門家の客観的な視点も参考にしながら自社の課題と向き合い、将来は天草市初の上場企業となるべく、夢を追いかけます。
求める人材
代表取締役社長 小川 知己さん
求める人材
弊社では、今後も新しい事業所を開設するため、さまざまな専門職を雇用する計画です。創業時から「個性が輝き出すチーム」を目指すことを掲げていて、「利他の心」「信頼と尊敬の心」「自責の心」の3つの心構えを持つことを大切にしています。自分より相手の利益になるよう行動すること、問題を他人の責任にしないことで人は成長します。また仲間からの信頼は力となり、互いを尊敬することで個性が輝き出します。そこにこそ、私たちが提供するサービスに最も必要な「想いやりの心」が作られると考えていますので、この3つの「心」を共に高めていける人材を求めています。
会社名/株式会社リハビリテーションコムラッド
住所/天草市太田町20-1 ジョイプラザ2F
TEL/0969-66-9971
資本金/400万円
社員数/46名
(2020年10月現在)